施工事例(外構・カーポート・エクステリア)

2020年10月07日

木樹脂目隠し(エコモック)設置 別府 G様邸

    場所・・・別府市 G様邸   工事内容・・・目隠し木樹脂板設置工事(エコモック社)   工事費用・・・約20万円(フェンス・柱設置工事費)     工事期間・・・2日間(フェンス工事のみ)   もともと駐車場部分をおまんじゅう屋さんとして使用していた建物です。 銅で葺かれた屋根や外壁に思い入れがあり、車は入れたいが、屋根は残したいと 柱や、桁を補強差し替えして、その形を残しつつ駐車場として復旧しました。 屋根はもともと雨漏りしていたようで、木下地を活かし補修及び改修し、 雨のもらない屋根へ(^^ゞ ガルバリウムの立平葺き。緩い勾配でもっとも信頼できる工法です! しかし、壁がなくなり奥にあったお庭が丸見えになってしまう、 ということでお庭部分に目隠しを設置することになりました。 以前店舗だった場所も減築し、車を止められるスペースも作ることに なりました。   施工前   道路側から見た写真・・・道路側から見ると、 お庭部分が丸見えになっています。   施工中 目隠しの板を設置するにあたり、支柱を立てていきます。まずは、下穴を掘りセメントで 固定していきます。次に、目隠し板が等間隔になるように注意しながらビスで固定して いきます。切り口が出ないように、キャップで仕上げをしたら完成です。   施工後     使用した メーカー名・・・エコモック 商品名    ・・・エコモックフェンス   エコモックとは、木粉とプラスチック廃材を混合して製造した環境配慮型の新素材で、 腐食・色褪せ・割れなどにも非常に強くとても優れた素材になっています。 そして、何より低コスト!!!嬉しいですよね。   商品の詳しい情報は⇒こちら   新しい駐車場の屋根の部分です。 建物取り合い部は雨漏り注意の重要施工ポイントです。雨切鈑金を加工し、三角 型でシーリングします!     ふるかった垂木は塗装、その他改修部、補修部も塗装仕上げ(^^ゞ 雨漏りの原因の箱樋は撤去し、通常の軒樋へ(パナソニックPC75)     これで中の様子も見えなくなり、安心ととても喜んで頂きました。 晴れた日にはデッキに出て、お茶会なんてこともしていただけると…

IMG_20200728_140537
2020年10月09日

駐車場拡張 &防草シート施工 大分市

場 所 ・・・大分市 Y様邸   工事内容・・・駐車場拡張,防草シート施工   工事期間・・・約3日間   工事費用・・・   ご訪問頂きありがとうございます。m(_ _”m)   駐車場の奥に草が伸びるので,除草を兼ねて駐車場の拡張をご依頼いただきました。   梅雨の雨でなかなか作業に取り掛かれませんでした。晴れ間がでたのでさっそく作業にかかります。     砂利が敷いてあるのですが,野生は手強いです。雨と高い気温でグングン育っています。     まず草を抜いて整地する準備をします。二袋パンパンになるほどたくさんの草が取れました。     コンクリート打設のために150ミリほど掘り下げてゆきます。     50~100ミリ7ほど砕石を敷いて高さを整えます。     転圧してコンクリート打設の準備完了です。   コンクリート打設の日は朝から暑い日でした。 あっという間にコンクリートが乾いていきます。       施工後   次は防草シートの施工です。         駐車場以外の部分は防草シートを敷き込んでゆきます。まず,半分の砂利をよけてシートを敷きます。     反対側にシートを敷き,砂利を戻してゆきます。   施工後       砂利を戻して完成です。   防草シートで雑草が防げる理由は,シートによって地面に日が当たらないため雑草が成長できません。 さらに砂利の間に種が落ちても地面に根を伸ばすことができないので成長できないのです。…

IMG_2312 2020-07-01 06_21_54 (Large)
2020年07月16日

倉庫 ガルバリウム鋼板外壁 張替え 大分市

場所・・・  大分市 K様邸   工事内容・・・倉庫の屋根・外壁張り替え   工事期間・・・約1週間   工事費用・・・約40万円   古くなった倉庫のリニューアルをご依頼いただきました。   施工前   お客様がすでに壁は取り外しておられました。 自転車置き場にお使いでしたが、雨が吹き込んでいましたので、きちんと壁も付けてほしいとのことでした。 劣化が激しいスレート屋根も交換することになりました。   施工中   スレート屋根を全て取り除き、小屋組も撤去しました。       新しい屋根は片流れ屋根になります。   屋根に厚いベニヤ板を貼って防水シートを貼ります。 透湿・防水シートをぐるりと周囲に貼ります。     胴縁下地を入れて、ガルバリウム鋼板を貼っていきます。 外部に出る軒木部にはキシラデコールを塗装しています。     屋根もガルバリウム鋼板’立平葺き)を施工しました。   施工後   雨風に負けないしっかりとした倉庫がよみがえりました。 大きい倉庫なので使い勝手の良い倉庫になりました。   今回使用したガルバリウムは東海カラーの「いぶき」です。 表面はフッ素塗膜でコーティングされており、15年塗膜保証付で、安心の 高耐久ガルバリウムを使用しております。   お客様にも満足していただき、嬉しいお引き渡しになりました。   この度はご用命頂き、ありがとうございました。m(__)m     株式会社Cozyハウス 電話番号:0120-134-777(フリーダイアル) 受付時間:8:00〜18:00 住所:〒870-0921 大分県大分市萩原 4-2-19 定休日:日曜日・祝日 当社Facebookはこちら http://bit.ly/1Q2qsz7

IMG_5497 2020-06-26 01_15_32 (Large)
2020年07月01日

天然檜ウッドデッキ施工事例& 費用 大分市

場所・・・  大分市 M様邸   工事内容・・・ウッドデッキ新設工事   工事期間・・・約3日間   工事費用・・・約40万円   外壁塗装とご一緒にリビングルームの外側にウッドデッキ設置をご依頼いただきました。   施工前   外壁塗装をするために足場を立てますが、その際、テラスやデッキを解体しないといけないケースがあります。今回のお客様は、デッキにテーブルやチェストを置いておられましたが、狭くてあまり使わないとのことでしたので、この機会にサイズアップをご提案しました。 目隠しのラティスも中途半端な感じなので、しっかり道路からの視線を遮るものが良いとのご希望でした。   塗装工事や他のお部屋の工事が終わってからの最後の工事になりました。   施工後   アプローチからリビングルームは全く見えなくなりました。しっかりと視線を遮っています。     以前のデッキの倍の大きさを実現しました。     庭石が上がり台になるようにして、お庭に出やすくなっています。お客様宅に合わせて施工できるので、どんな形のお庭のレイアウトでも設置できます。     デッキの塗装はキシラデコールを刷毛塗りしています。 キシラデコールは 日光や風雨に強い耐候性顔料の効果で鮮明な色が長持ち、長期間木材を保護します。 木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作りません。木の通気性を保つため木の呼吸を妨げないので塗膜のフクレ、ワレがおこりません。 (メーカーホームページより) 一般的な樹脂ウッドデッキとはまた違った良さがあります。サイズや形も思いのままに施工することができます。   お客様から、思ったより広い、きれいになった。との嬉しいお声を頂きました。   ご用命頂き、ありがとうございました。m(__)m   株式会社Cozyハウス 電話番号:0120-134-777(フリーダイアル) 受付時間:8:00〜18:00 住所:〒870-0921 大分県大分市萩原 4-2-19 定休日:日曜日・祝日 当社Facebookはこちら http://bit.ly/1Q2qsz7

usuo2001 (Large)
2020年07月02日

リクシル 樹脂ウッドデッキ 設置(工事費込み) 大分

場所・・・  臼杵市 O様邸   工事内容・・・樹脂製ウッドデッキ取付、   工事期間・・・一日   工事費用・・・約22万円(デッキ部材及び工事費込み)   今回は、樹脂製ウッドデッキの設置をご用命頂きました。   LIXILの樹ら楽ステージをお選びいただきました。 色々な樹脂ウッドデッキがありますが、樹ら楽ステージの特長は   温度上昇を抑える 「太陽光線を反射し、昇温抑制効果のある特殊タイプの顔料を採用。夏季でも表面温度の極端な上昇を抑えます。」  メーカーホームページより   今回の施主様もそうですが、ウッドデッキは大抵南向きの窓辺に取り付けられ、 お部屋から出られるようになっています。 ところが真夏の南側は太陽の熱でウッドデッキが熱くなり、デッキに出られないだけでなくデッキからの放熱が窓越しに室内に伝わってしまいます。 せっかくのウッドデッキが暑いお部屋の原因になることもあるのです。   詳しくはこちらから。メーカーホームページをご覧いただけます。     「洗濯物を干すのが楽になります」とお客様に喜んで頂けました。 今回はご用命頂き、ありがとうございました。m(__)m   株式会社Cozyハウス 電話番号:0120-134-777(フリーダイアル) 受付時間:8:00〜18:00 住所:〒870-0921 大分県大分市萩原 4-2-19 定休日:日曜日・祝日 当社Facebookはこちら http://bit.ly/1Q2qsz7